×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【ゾンビ イラスト Artist illustrator イラスト Tシャツ】JAMZOMBIE Sugar&YAMASHIRO

JAMZOMBIE >TOP >Recommend Zombie movie


ゾンビ映画

プロフィール

ゾンビ映画の魅力とは?

自慢ではないのが、私が思うにゾンビ映画の8割はつまらない。
ではどこがおもしろいのか?ゾンビ映画はホラー映画の枠を超え、ヒューマンが描かれているからだと私は思っている。 家族の愛や、生きている幸せ、大切な人との絆。また、誰もがいつか体験する「死」という恐怖を身近に感じさせ、「死」を目前にした人間の本性や恐ろしさ。そんな人間社会のドロドロしたものを楽しく皮肉って伝えてくれる。 つまり人間ドラマなのである。中にはもちろんなんのメッセージも込められていないゾンビ映画もあったりするのだが。とにかく、マンネリ気味の生活に飽き飽きしていたらゾンビ映画を見て脳みそを奮い起こしてみるといいかしれない。

おすすめのゾンビ映画。

数あるゾンビ映画のなかで「JAMZOMBIE」がおすすめする映画の紹介です。


▲アマゾンで購入▲

  • キャプテンスーパーマーケット-死霊のはらわた-

1993年/アメリカ

制作:ロバート・G・タパート
監督/脚本:サム・ライミ
撮影:ビル・ポープ
特殊メイク:ハワード・バーガー/ロバート・カーツマン
出演:ブルース・キャンベル/エンベス・デイヴィッツ 


  • あの有名な『スパイダーマン』を撮ったサム・ライミ監督作品。ホラー映画で笑いたい人は必見です!スーパーヒーローはスーパーの店員だった?メチャクチャ怖い映画『死霊のはらわた』シリーズの第三作目!その名は『キャプテンスーパーマーケット』!主人公の名はアッシュ、おバカでマヌケな自己中心的スーパーヒーロー。そんなアッシュが前作の腹いせと言わんばかりに中世で死霊軍団相手に大暴れ!失った右手にチェーンソーを装着し、左手に拳銃を握り、ゾンビ達を打ちのめしていきます。自分の分身も現れますが、容赦なく叩きのめすアッシュの姿が笑えます!全編通して笑いが止まらない最高のコメディ映画です。『死霊のはらわた1』から見ると何故こんな映画になったのかが不明ですが…気にしない。勢いが大事な時もあるんですよ!そんな作品です。この映画のエンディングは2バージョンあるのですが、アメリカ公開版を見ればタイトルの意味が分かります。個人的にはオリジナル版エンディンングのほうが好きですが…ホラー映画で笑いたい人は是非! とにかくおもしろい!!!!!!!!
YAMASHIRO

▲上に戻る

▲アマゾンで購入▲

  • ナイト・オブ・ザ・リビングデッド

1968年/アメリカ

制作:ラッセル・ストライナー/カール・ハードマン 監督/撮影:ジョージ・A・ロメロ 特殊効果:レジス・サービンスキー/トニー・バンタネッロ 出演:ジュディス・オディア/デュアン・ジョーンズ/カール・ハードマン


  • ゾンビ映画界の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督作品「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」。人を食うゾンビ、モダンゾンビの始まりは、この映画からすべてが始まったと言われています。ゾンビ映画史の傑作!!いや、ホラー映画史の傑作と言われてる作品です。この映画のフィルムは、ニューヨーク近代美術館に保管されているらしい…それだけで凄い…これはもはや芸術。ただ、40年も前の映画で、白黒映画でちょっと物足りなく感じるかもしれません。しかし、今見てもかなりの緊張感がありますよ。民家とゆう限られた空間に立てこもるのですが、次々とゾンビが襲ってくる。まあ、今となっては単純なストーリーですが、そんな緊迫した状況が見事に描かれているのです!途中に出てくる子供ゾンビが母親を食らうシーンは、恐怖そのものです!1960年代に作られた映画として見たら、凄さが分かるはず。あの時代にこの映画!当時の人はさぞ恐怖したでしょう。60年代の時代背景とかを重ね合わせたりしたら、より面白く見れると思います!ラストは今見ても目が点になるぐらい衝撃的です。最近、ゾンビ映画にハマりかけてる方は是非とも見てください!ゾンビ映画に興味の無い映画好きの方も見て頂きたい、最高峰のゾンビ映画です!! 今、作られているゾンビ映画のセオリー的なものを作ったのもこの映画ではないだろうか。
YAMASHIRO

▲上に戻る

▲アマゾンで購入▲

  • バタリアン

1985年/アメリカ

製作:トム・フォックス  監督/脚本:ダン・オバノン 原案:ジョン・A・ルッソ/ラッセル・ストライナー 撮影:ジュールス・ブレンナー 特殊メイク効果:アラン・A・アポネ 特殊効果:ロバート・E・マッカーシー 出演:クルー・ギャラガー/ジェームズ・カレン/トム・マシューズ/ドン・カルファ etc…


  • 私の一番好きな作品『バタリアン』。私が小さい頃はテレビで何度も放映されていて、当時はあまりの怖さに手で顔を隠し、でも見たくって見たくって指の隙間から見ていたという思い出深い作品。今までのゾンビは頭に銃弾を浴びせれば動かなくなるのに、バタリアンは何をやっても死なない、死ねない。途中に出てくるバタリアンの「のうみそくれ〜!」というシーンは圧巻で、脳みそを好んで食べる行為がとっても衝撃的、尚かつどうして脳みそを食べるのか理由まであるのだから衝撃は2倍だ。ゾンビはしゃべるし、ゾンビなのか生きているのか、全くもって曖昧で、生きていること死んでいることを考えさせられた気がする。でも不思議なのは大人になってから見ると小さい頃の思い出が嘘のように大笑いできるコメディ映画になっていたということ。こんなにおなかを抱えるホラー映画は他にはないよ。だまされたと思って死んでしまう前に是非!この映画は正統な続編って訳じゃないけど『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(以後NLD)の話は本当は実話で…からはじまる作品で、NLDを見ておくとゾンビ通になれるかも。バタリアンはシリーズにもなってるのでそちらも是非!!女の子には恋愛もののバタリアンリターンズがおすすめです。
Sugar

▲上に戻る

▲アマゾンで購入▲

  • ゾンビ

1978年/アメリカ&イタリア

制作:リチャード・P・ルビスタイン 監督/脚本:ジョージ・A・ロメロ
撮影:マイケル・ゴーニック 音楽:ゴブリン/ダリオ・アルジェント
特殊メイク:トム・サヴィーニ
出演:デェビット・エンゲ/ケン・フォーリー/スコット・H・ライニガー/ゲイラン・ロス


  • 私の中のキング・オブ・ゾンビ映画、それは『ゾンビ』! ゾンビ映画の『ゾンビ』って映画です。ゾンビ映画と言えば『ゾンビ』って言うぐらい有名な作品。この映画もジョージ・A・ロメロ監督の作品で先ほど紹介したナイト・オブ・ザ・リビング・デッド(以後NLD)から10年越しの作品である。10年経てゾンビはどう進化したのか?ゾンビは人として生きた時の習慣を忘れていない事が分かった。これは人間にとっては当たり前の事だが、ゾンビにとっては歴史的な一歩なのだ〜!相変わらずノロノロしてるけど、ロメロのゾンビがカラーになって帰ってきたわけです!ゾンビメイクや残酷描写もパワーアップ!NLDでは白黒で分かりづらかった、ゾンビが人を食らうシーンや首チョンパetc…も鮮明に描かれている。やはり70年代、80年代のCGに頼ってない映画って映像が暖かくていいなと、思わせてくれる作品だと思う。緊張感はあまりない緩い映画なので、恐れずコーヒーでも飲みながら楽しめると思いますよ!このいい感じの緩さがたまりません!ショッピングモールで生活する仲間達の人間くささなんか最高です!その他にも、突然出現する暴走族の暴徒ぶりやゾンビ狩りを楽しむ自警団にイロイロ考えさせられます…他のゾンビ映画だとこういうのが上手く描かれてないんだよな〜。さすがロメロ監督!今後、これ以上のゾンビ映画は絶対に生まれないと思います。願わくば生まれてほしいけど…とにかく大推薦です!!一度見ると癖になる事間違いなし!
YAMASHIRO

▲上に戻る

| JAMZOMBIE | About | Blog | サイトマップ | お問い合わせ |

"copyright (C) 2008 JAMZOMBIE . All rights reserved."